かしこまり まし た 上司。 【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

これに対して、返事をする場面って多々あります。

7

その中でも、特に混乱しやすい「かしこまりました」「承知いたしました」「了解いたしました」について、今回解説いたします。

17

上司、取引先などの目上の人には使わないよう、お気をつけください。 しかし、「了解しました」は敬語ではありません。

口頭でもメールなどの文章内でも基本的に「了解しました」は使いません。

11

資料を送って欲しいという依頼を了解したことを伝えるのに使う訳です。 実は、「畏まりました」と漢字で表すと、読めない方は意外と多くいらっしゃいます。

14

「畏まりました」の意味は? そもそも「畏まりました」とは、「畏まる」という単語の連用形「畏まり」に丁寧の「ます」がついて「畏まりました」です。 「承知致しました」は二重敬語ではない 「致しました」は謙譲語ですが、「承知」という言葉も謙譲語に見えます。 つまり、「承知しました」は「知って引き受けました」という意味になります。

8

承知は「事情を聞き受けること」「要求を聞き受けること」という意味があります。 ただし、「了解しました」は「かしこまりました」とは違い、誰に対しても使用していい言葉ではありません。