ビジョナリー カンパニー。 成功する企業に必要な6つの条件とは

ビジョナリーカンパニーの聖戦はこの基本理念の範囲内となります。 むしろ、「働きにくい」という感想を抱く場合も出てくるでしょう。 基本理念が浸透している企業には、社員が自己成長できる土壌があります。

ディズニーランドで従業員は『キャスト』、入場者は『ゲスト』と呼ばれていることを聞いたことがありませんか。 今回の経営のヒントは25年前の調べ上げられた叡智を経営者・起業家・イノベーターの皆様と読み解きましょう~!\ ゜ロ\ /ロ゜ / 何となくの感じ・・・ 膨大な過去の企業のデータを調べ上げた本書。 そして、1990年には40以上の製品部門を抱える大企業の仲間入りを果たします。

17

多少現金が残っているうちに『第5水準のリーダー』がリーダーシップを握れれば、まだ少し望みがあるが、現金が残り少なくなれば、回復の望みは無くなる。 大量のものを試して、うまくいったものを残す 3M社の技術者は労働時間の15%を研究開発にあてる。 こうしたBHAGの満たすべき要素は、「困難だが実現不可能ではなく」「達成できたかどうかが誰の目にも分かりやすく」「そして何よりも、その達成をイメージすると、社員がたまらなく気持ちを鼓舞される」ものだと指摘されます。

8

3Mは社員からのアイデアを奨励し、既存の商品をさらに改良することで売上を伸ばしていきました。

18

大胆な目標を立てる•。 年商6,000万円になり、着実に成長を続けています。

6

たとえば、ウォルト・ディズニーでは採用した従業員すべてに『ディズニー・トラディション』と呼ばれる研修を受けさせています。 どんなに大きな目標であってもはっきりとした達成の基準が見えているのであれば、無条件に恐れる必要はありません。 ビジョナリーカンパニーの理念をしっかりと理解して、「時を告げる者」になるのではなく、「時計を作る」ことを意識していきましょう。

16

最大の理由はなんといっても、「自社の中で、基本理念を何十年も身にしみて実行してきており、その基本理念を維持する責任者としての素養を身に着けている」からです。 そうなると、部下は経営者の言われたままに動く歯車にすぎず、時代を変えるような発想が生まれにくい環境が固定化されていくからです。

1章から、 「最高の中の最高」 「時を告げるのではなく、時計をつくる」 「利益を超えて」 「基本理念を維持し、進歩を促す」 「社運を賭けた大胆な目標」 「カルトのような文化」 「大量のものを試して、うまくいったものを残す」 「生え抜きの経営陣」 「決して満足しない」 「はじまりの終わり」 となります。

7

1.第五水準のリーダーシップを理解する 何より最初に第五水準のリーダーシップを理解し、そうなろうとすることが大切だと思います。 実は、英語のタイトルは副題に近い感じで、それぞれ以下のようになっています。 そして生存した企業に新たな役目を「個」が連携しイノベーションを創ること。

9