ね ws。 高速リアルタイム スペクトラムアナライザー WaveSpectra

設定ダイアログ の その他 タブで、"WaveSpectra:2" の同期機能 を追加。 2kHzにも広がっているのがわかる) 4096点以上のサンプル数にしておけば除外による影響の違いは余り無い様にしてあります。 レベルメーター を縦方向にも表示できるようにした。

20

録音時、ウィンドウタイトル(WSではレベルメーターやリサジューウィンドウでも同じ)をマウスで掴んだままにするなどして負荷を与えた場合に音飛び状態になっていたのを改良。

WGにはこういう時のために、周波数を簡単に FFTの分解能の整数倍になるようにする機能、"FFT用に最適化" 機能 があるので、これを使います。

必ず先に、同じく右クリック "FFTサンプル数 T " で 4096 を選択しておきます。

13

本社 〒723-0001 広島県三原市深町1295-1 Tel Fax 0848-60-1960• 09375Hz の整数倍の位置の成分を集めていくことによって、さらに(負の)誤差が増加して行くのがわかるはずです。 まずは下図を見てください。 BWFフォーマットの時は最後に B の表示追加、RF64フォーマットの時は 64 の表示を追加。

5

その場合は V1. サウンドデバイス自体の歪特性を前もって自身のループ接続などで充分確認しておく。 見かけを少し今風にした。 ウィンドウを先に表示し、現在チェック中の箇所をリアルタイムで表示するようにした。

コマンドライン引数が正常に働かなかったのを修正。 タイトルバーのファイル名表示を改良。 (Waveファイルの長さは適当) 1つ目は、 Wave1: 1000Hzサイン波、-3dB Wave2: 2000Hzサイン波、-63dB をミックスしたもの。

18

小手先の対処ではなく、根本的な解決や提案ができているだろうか。

12