ムーミン キャラクター。 ムーミンはカバなの?妖精なの?誰も知らなかった衝撃の5つの事実!

金のアンクレット(足環)を着けている。

トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の夏まつり』下村隆一訳、講談社、1990年。 ムーミン ムーミンは、ムーミンシリーズの中心的キャラクターです。

6

ただし困った人を助けようとする義務感は強く、そこを突かれてムーミンたちに説得されて彼らを牢から逃がしてしまう。 古参キャラで『ムーミン谷の彗星』から登場する。 旧ムーミンと呼称される。

17

はに相当するものはなく、が、体の横に直接付いていて、物をつかんだり投げたりすることができる。 実際には「ムーミン」という名前は妖精の種族を表すようだが、童話での「ムーミントロール」は主人公の名前として使われている。

20

物語中に登場するヘムルも警察署長や警官、公園の管理人などの職業についているものが多かった(ちなみに「hemuls man」だと「権威者」「情報提供者」の意味で、「スーパーヘムレン」は「ヘムルらしくない」という意味 )。 見た目も恐ろしく、吐く息は凍り、氷のような声を出すモラン。 トーベ・ヤンソン、『ムーミンの冒険日記』(野中しぎ 訳)発行社・・。

4

原作絵本やイラストの絵では白っぽい体にオレンジ色の髪に青い瞳をしている。 また、彼以後のヘムルには口吻の先に口がはっきり描かれるようになる。 先祖は大きなストーブの裏側に住んでいた。

14

コミックス版では怪しい薬を拵えて売ったり、ムーミンに占い師になってもらいカネ儲けを企んだりした。 のどこかにある「Muumin Dalen」(ムーミン谷)と呼ばれる場所で、ひっそりと暮らしている。 ノーブル 声 - 不明 第8話登場。

静かにしろと言われても、つい「ビュト…、ビュト…」などの声を上げていた。 なお、原作挿絵では彼女を含むミムラ族に尻尾が生えているのが確認できた(アニメ版は特に描写なし)が、この巻以後は小説・漫画ともにミムラ族の尻尾が見える描写はない。 『ムーミン』で登場した個体は、スティンキーに似た外見をしている。

11