ぎっくり腰 早く 治す。 「ぎっくり腰」を早く治す方法とは?

ぎっくり腰になった当日は安静にしても大丈夫ですが、なるべく早期に日常生活の簡単な動きから行なっていきましょう。 その理由は 強い筋緊張が起きている場合、 ちょっと筋肉を伸ばすだけでも無理がかかる事になります。

しかしながら、 何日も痛みが引かない場合や どうもおかしい様子の腰痛であれば 病院を受診した方がいい場合もあります。 腰を曲げるときや伸ばすときにはもちろん痛みます。

「なぜかこの時期になるとぎっくり腰になる」 「重たいものを持った瞬間に」 「前かがみになった瞬間に」 「立ち上がろうとしたときに」 「くしゃみをしたら・・・」 「なんにもしてないのに・・・」 などいつ襲ってくるかわからない ぎっくり腰。 理想のセルフケア順に紹介しています。

10

痛みを少しでも抑えたいのであれば「RICE ライス 処置」という言葉を覚えておきましょう。

顔を下に向けやすいですが まっすぐ前を向いて行ないます。 ひとまず安心してください。

2

よく「すぐに病院に行った方が治りが早い」と言われますが、 立ち上がれないほどの重症なら、家で安静にしておく方がマシです。

13