風邪 ひい た 時 食べ物。 風邪を引いた時におすすめ!栄養たっぷり美味しい食べ物とは?

ゆずを薄くスライスしたものとはちみつを瓶に入れ一晩寝かせたものを、お湯と割ってゆず湯にして飲むと体も温まり、痰が切れやすくなります。 葛湯 葛の根を砕いて、デンプン質を取り出したのが葛粉。

6

とにかく体を冷やさず、胃腸に負担をかけないものを口にすることを心がけましょう。 卵白に含まれるリゾチームという成分が、ウイルスを殺して、粘液の分泌を促す事で痰や鼻づまりを解消し、さらに日本酒が体を温めてくれます。 この段階で体を温めてあげると、免疫力が高まり、ウイルスを撃退しやすくなります。

18

それでここからは、具体的な風邪の症状と共に食べるとよいとされている食べ物をご紹介したいと思います。 ・化学調味料、合成着色料、保存料は一切使用しておりません。

13

にんにくには、疲労回復や血行促進の効能があります。

19

また、食べ物の通り道である喉に痛みがあると、飲み込むことが難しくなります。

また、風邪の時の水分補給にスポーツドリンクやイオン飲料を飲む人が多いですが、これらにも糖分が含まれているため、毎回摂取することはお勧めしません。 ・豆腐or玉子豆腐 栄養価も高く、 のどごしもいいので 食欲がない時でも食べやすいです。 栄養素の中には 熱を加えると外へ出てしまうものもありますので、汁もおいしく食べられる 鍋は風邪の時にはピッタリです。

19

他にも食べられそうなものがあれば、 買っておくと便利ですよ! 〇風邪をひく前に 用意しておくと便利なもの 冷却シートやマスク、レトルト食品は 買いだめしておくととても便利ですよ! 風邪をひいてから 買いに行くのもつらいですからね…。 風邪の時の食事では温かいものを食べることも大切なので、加熱しても効果的にビタミンCを摂れるじゃがいもはお勧めの食材です。 しょうが… 「のどが痛いとき」でも紹介いたしましたが、しょうがの辛み成分の「ジンゲロール」が、血行を促進し、熱を発生させ身体の中から温めてくれます。

6

タンパク質をはじめ、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分、ビタミン類など、栄養価も高いです。 キンカンは皮にビタミンCが多く含まれているため、皮ごと食べるのがおすすめです。

また、生姜の辛み成分であるジンゲロール(強い殺菌作用あり)は過熱することでショウガオールに変化するため、生姜は生のまま食べるより加熱調理をしたほうが体を温める効果が大きくなります。

5