珍 かすが たまる。 恥ずかしながら一ヶ月前頃からチンコにチンカスが溜まることがあります。最初...

まめがき を あまた もとめて ひとつ づつ くひ もて ゆきし たきさか の みち まめがき・字書によれば「葡萄柿」「ころ柿」など、みな「まめがき」といふ別名あるよし。

18

この像に対すれば、皇后を目(ま)のあたりに見るが如しといふなり。

19

大春日秋童 おおかすが・の・あきどう や小治今童 おわり・の・いまどう のように「丸」が付いていない記録もある。 藤原頼通も鶴君 たづぎみ とも呼ばれている。 境内には所狭きまでに刈稲の 束を掛け連ねて、その間に、昼も野鼠のすだくを聞けり。

4

されど歌材は、あくまでも、眼前 の実情なり。 脂肪細胞を顕微鏡で見ると、をたくわえ、核やミトコンドリアなど細胞の働きに重要な小器官が隅に押しやられています。 ところで院政時代後期になると、武家には幼名にも通字が見られるようになるという。

11

ゆかな・「な」は希望の助辞。 唐招提寺を指していへり。 『延喜式裏文書』讃岐国大内郡入野郷寛弘元(一〇〇四)年戸籍には、安曇稲主 あずみ・の・いなぬし 、凡乙貞 おお・の・おとさだ 、額田部並山 ぬかたべ・の・なみやま 、額田部村主 ぬかたべ・の・むらぬし 、讃岐文松 さぬき・の・ふみまつ のように上代と変わらない名や、安曇茂丸 あずみ・の・もちまろ 、凡広丸 おお・の・ひろまろ 、葛木黒丸 かつらぎ・の・くろまろ 、賀茂吉丸 かも・の・よしまろ 、坂本益丸 さかのもと・の・ますまろ のように、上に述べた「丸」を用いた名がまだ多く見られる。

16

"なぜここに珍鳥センター?"と思うのですが、土佐は尾長鶏などの特殊鶏の産地として有名なのだそうです。