上 福 ゆき。 新進気鋭の173cm長身美女“グラレスラー”上福ゆきが待望の1stDVDで大胆水着セクシー解放♡

8月26日、・大会でデビュー戦が行われ、特別賞受賞者のとの「ミスミス」タッグでデビューを果す。 中学生のころから17歳までアメリカで生活されていたので、 英語もバリバリしゃべれるバイリンガルだそうです。

17

イメージビデオ(DVD)の「 かみーゆ ONE derful! 7月30日、東京女子プロレスにてプロレスラーデビューすることを報告。 私はいま会場にいない人たちに知ってほしくて。

14

かと思えばドロップキックの打点が素晴らしく高い。 プロフィールにも自身の性格を「さっぱりしている」と書かれていますが、「 寝る時はパンイチ」と発言されるくらいなので、本当にさっぱりされた女性のようです。 17日の記者会見で、上福ゆきと桐生真弥の「チーム東洋大」が結束力の強さをアピールし、実の姉妹の「爆れつシスターズ」(天満のどか、愛野ユキ)が持つプリンセスタッグ王座獲りを誓った。

17

「見ていて面白いし楽しそうだけど、難点は勝とうとしているように見えないこと。 バラエティ番組内では自身の元交際相手について平然と暴露したり、プロレス活動において自身も所属しているが掲げるを本人に向かって「守らない」と断言した。

2018年5月22日閲覧。 負けることも多かったが、プロレスの知識がないからこそ独自の味が出た。 男性に求めるものは「漢気。

たくさん挑戦してほしいし、防衛したいって言ったんですけど。 シンクロ率が上がってるって、真弥の要素がなくなってるんじゃないの? 誘いを断ってるうちに友だちがどんどん減って、誘われもしなくなって。

2

やっぱりプロレスは勝つためにやるもので、笑いの要素にしても勝とうとする中から生まれるはずなんです」. かわいい子よりポルシェの助手席が似合う女がタイプだっていう人も見たくなる女子プロレスっていうか(笑)」 「時間があんまりないから頑張らないと」 2月11日の後楽園ホール大会では、後輩の舞海魅星を相手に2度目の防衛戦を行なった。 舞海魅星は過去を超えて未来を作るんで。