菊地 成 孔。 菊地成孔が初めてタトゥーを入れた理由 「刺青文化は絶対消えない」「絶対善の方がよっぽど怖い」

高橋源一郎さんと菊地さんの音楽家としての側面について話していました。 菊地さんね。 全部聞くんで。

18

些かの強弁が許されるのであれば、世界文化が超欧米化(欧米文化の家畜化)に向かってるという趨勢の極例だという事もできます。 『』のイメージアルバム。 トランスフォーマーとか超大作ならともかく、そういう批判の仕方は良く無い」• (編集部) 「ゆったり、のびのびと才能を開花させて行って欲しい」(菊地成孔) 服部君が映画美学校のワタシのクラスに入学して来たとき、それはそれはもう、一人で家に帰れるの?というぐらいの危なっかしい美少年で、一目で天才であると解りましたが、ワタシは倉地久美夫とか藤本敦夫とか水上聡とかいったアウトサイダーの天才達と共演して来て、言わばアウトサイダー慣れ/天才慣れしているので、いやあ楽理科なんかにこんな天才が入って来て、彼が悪く傷つかなければ良いな、危険を感じたらすぐにドロップアウトして欲しいと願いながら講義を続けるばかりだったのですが、確か、楽理科だけではなく、録音技術科も受講していたので、そのせいもあったのでしょう、服部君は無事2年間の過程を終了し、随分とデモテープも貰いました。

僕は戦争ですらも絶対悪とは見ていないんです。

12

アジア圏のジャズミュージシャンとしては初。 モード• Folly Jet• アカデミー賞は『ラ・ラ・ランド』の受賞ズッコケ事件や、 MeToo旋風を敢えてシカトしたフランシス・マクドーマンドが現れたりして飽きさせない。 消えてしまったわけではないどころか、忘れられていることを良いことに、我々の行動を左右するのである。

20

父親に立ち向かっていくような気分になれます。 【授業開始日の延期について】 当校では新型コロナウィルスの感染拡大にともない、5月期講座の開始日程を当初の予定である5月中旬から5月下旬〜6月上旬に延期とすることを決定いたしました。 やった、やった。

15

ジャズミュージシャンであり文筆家でもある 菊地成孔氏が、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』を「 世界中を敵に回す覚悟で平然と言うが、こんなもん全然大したことないね」と酷評。

12

まだ聞いていると思うけども(笑)。