春 なのに 歌詞。 春の童謡・唱歌・日本のうた

「われにもの言ふ」は、私に語り掛けるような。

12

この歌は、サトウハチローさんの実の姉が18歳で、嫁ぎ先で結核を患い亡くなった時の悲しい気持ちで作詞をした歌だそうですよ。

19

「一刻も千金の」とは、ほんの少しの時間でも千金に値する、価値の高い様子。 埼玉県秩父市立影森中学校の当時の校長であった小嶋登により作詞された 蛍の光 窓の雪 書(ふみ)読む月日 重ねつつ 歴史ある日本の伝統的な卒業ソング。

16

泣けます ToT• 「おぼろ月」とは、もやで霞んだ春頃の月。 ちょうちょもひらひら 豆のはな。

16

概要 [ ] 本来のタイトルは「花盛り」であったが、第3曲「月」、第4曲「雪」と合わせるために「花」にした()という。 春歌は聴いているだけでワクワクできる楽しい曲が多いです。

19

春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂(かい)のしづくも 花と散る ながめを何に たとふべき 見ずやあけぼの 露(つゆ)浴びて われにもの言ふ 桜木(さくらぎ)を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳(あおやぎ)を 錦おりなす 長堤(ちょうてい)に くるればのぼる おぼろ月 げに一刻も 千金の ながめを何に たとふべき 一番の歌詞の意味 「うらら」とは、空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。 うららか(麗らか)。 速いテンポの二部形式で書かれ、当時で盛んであった(ボートレース、レガッタ)の様子など、春の隅田川の情景が歌われている。

6

「そんな僕の手紙がつく」という歌詞からも時代を感じられますね。 「春なのに お別れですか」というフレーズが印象的なこの曲は、昭和の香りが漂うどこか懐かしい気持ちになる曲です。

公演会場となっているの近くをが流れていることによる。 ・4分の2拍子で書かれており速度記号はAllegro moderatoとなっている。 「あなたが花なら 沢山のそれらと変わりないのかもしれない」という、大切な人を花に見立てた曲となっており 「涙や笑顔を 忘れた時だけ 思い出して下さい」という強い想いのこもったメッセージソングです。

4