フリウェル。 月経困難症治療薬フリウェル配合錠LDとULDの使用にあたって|世田谷区の産婦人科なら冬城産婦人科医院

(小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立されていない(使用経験がない)。 緊急対応を要する血栓症の主な症状 下肢の急激な疼痛・腫脹、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、構語障害、急性視力障害等 患者に対しても、このような症状があらわれた場合は、直ちに服用を中止し、救急医療機関を受診するよう説明すること。 万一前日の飲み忘れに気付いた場合、直ちに前日の飲み忘れた錠剤を服用し、当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用する。

ピルを服用すると、生理の時の痛みを和らげ、月経血を減らす効果があります。

慎重投与• ] 喫煙者(「禁忌」の項参照) 肥満の患者[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある。 この薬剤は本剤の代謝酵素(CYP2C9)を阻害すると考えられる。

5

これらの薬剤は腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑制すると考えられる。 また休薬機関が短く、ヤーズは日本で保険適応となっています。

7

] 乳癌の家族歴又は乳房に結節のある患者[エストロゲン投与と乳癌発生との因果関係についてその関連性を示唆する報告もあるので、定期的に乳房検診を行うなど慎重に投与すること。 注3)長時間太陽光を浴びないよう注意すること。

本剤投与中に腫瘤が増大するなど器質的疾患の増悪が認められる場合は、他の治療法も勘案したうえで投与継続の可否を判断すること。 なおセイヨウオトギリソウの含まれる化粧水など外用に使うものでしたら問題ありません。

4

乳房結節• エストロゲン依存性悪性腫瘍• 耐糖能異常• ボリコナゾールは本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる。 外国での疫学調査の結果、経口避妊薬の服用により乳癌及び子宮頸癌になる可能性が高くなるとの報告がある。

15

医師の判断によっては使い合わせることもあるため、使い合わせは医師に確認した方が良いでしょう。 体が慣れてくるに従い治まってくることが多く、個人差がありますが、1か月〜2か月ほどで吐き気は無くなると思われます。

2

高血圧<軽度の高血圧の患者を除く>• ] ポルフィリン症の患者[症状が増悪することがある。

1