南極 観測 隊。 平成23年6月15日 第53次南極地域観測隊員等の決定について:文部科学省

出発の第6次隊は、最初から越冬の予定がなく、を閉鎖して帰還した。 「南極は寒いけれど、自然は素晴らしいしオーロラも見られる」「業務はKDDIの代表として派遣されるので、何でもひとりでこなさなくてはならず、求められるものは大きい」。

16

隊員は出発前に2週間の隔離を行い、横須賀でしらせに乗船した。 情報源となったのが、防衛省統合幕僚監部(統幕)のツイッター。 。

この船に、観測隊をモチーフにしたアニメに登場する高校生4人が「乗船」。 その発行を記念して、今年7月に自民党本部で南極講座を開催しました。

4

、第9次越冬隊調査旅行隊(隊長・)が日本人として初めてに到達した。 隊員のご家族や知人、関係者の見送りを受けて「しらせ」. 補給はこの1回しか行われない。 しらせや昭和基地にウイルスを持ち込まないよう、隊員は出発前の2週間、ホテルで隔離。

16

竹内艦長によると、海上自衛隊の数ある船の中で、南太平洋まで往復し、そして、南極という厳しい環境での航海するのは「しらせ」のみであり、その意義と魅力はかけがえのないものだとのことでした。

オゾンホールは人為的な影響で大気中に放出されたフロンガスが原因となり、南極上空のオゾン量が極端に少なくなる現象で、毎年 8~ 9月ごろ発生し、 11~ 12月ごろに消滅します。 ブリザードの中、命がけで通信を復旧 設営部隊には濱田の他に、料理人、医師、水を作る人、発電機を運用する人、車両を修理する人など、さまざまな分野の担当者が合計13名いる。