オセアニア 州。 なぜオーストラリアはアジアとの結びつきが強くなったの?~オセアニア州~

柄木田康之「海面上昇と島嶼国家の危機」• 、ヴィルジニー・レッソン、フランク・テタール、フレデリック・レルヌー『地図で読む世界情勢 第2部 これから世界はどうなるか』訳、、2007年8月16日(原著2009年)。 クウェジェリン環礁(マーシャル諸島)は長径126キロメートル、短径32キロメートルで世界最大である。 なお、スペイン時代にイギリスやフランスの海賊たちはいくつかの島々の発見に貢献している。

3

約6000種といわれる昆虫のうち60%以上がこの島々の環境に適応して進化した固有種であり、また鳥類にもハワイミツスイ類など特産種が多い。 「夜」が英語は「ナイト」、ドイツ語は「ナハト」。

9

そして、地下水は毛細管現象により上昇し、塩類を含んだ地下水が地表に湧き出てきます。 グアム |• アメリカ ハワイ |• その後、17世紀にはによってニュージーランドとが発見されるなど徐々に地理的知識は蓄積されていったが、領土進出という点ではスペインがとを領有した程度で、それほど積極的に進出してはいなかった。

2

しかしオーストラリアの北東部は季節風が発達し、大規模な風系を乱している。 また、内陸部には2つの大きな砂漠があり、それらを中心に乾燥地域が広がっています。

住民もコアラと共存する工夫をしていますが、一方でコアラが暮らすユーカリの森が減少しています。 熱帯雨林ではないが、ニューギニアでは内陸高地にアフリカスギ、ナンヨウスギなどの針葉樹林があり、さらに高度を増すとブナへと移行する。

3

実際にユーカリの森の減少などにより、コアラの生息数はかつてのおよそ1000万頭から、4万頭程度に減少したと言われています。 日本の鉄鉱石と石炭の輸入相手国の第1位は、いずれもオーストラリアで、ともに半分以上を占めています。

10