西武 ドーム イベント。 西武ドーム対応のイベント施工会社はイベント21へ!

その一環として、開場以来外野スタンドの大半を占めてきた芝生エリア(芝生席)に、2021年シーズンから椅子を常設している()。

20

得点の際に奏でる音を点数に応じて変えたり、オルガンの内部にの音を取り入れたり 、応援団の演奏や声援と重ならないように配慮したりするなどの工夫も為されている。 スコアボードの支柱には、命名権を使用するシーズンに関してはそのスポンサーの広告が掲示された。

2

大型映像装置は白黒であったがにカラーの製に変更され、さらにには製のに取り替えられている。 ドーム化の際には屋根に干渉しないところまでポールの高さを下げ、風でなびいているような形に旗を固定して掲揚していた。 またサブスコアボードも発光部分がLEDに交換され、球速表示も追加された。

6

掘り下げ式のためにスタンド内部には施設が存在しなかったが、より内部にも施設が増設されている。 他球団の本拠地では新球場が建設された他、既存球場でも新たな設備が相次いで整備され、それぞれ特色を活かした誘客策を導入しているのに比べ、西武球団の対応は遅れ観客動員数も伸び悩んでいた。 また、その間のご入店には「フラッグス入店受付整理券」の受取が必要となります。

15

2021年4月~• 2020年12月23日(水)~• 西武ドーム時代の2010年からは、外装にを使用した製の「AT-90S」(2001年発売の上位モデル)を導入。 2012年からはその右側にの「24」を顕彰するパネルを設置した。

7

2020年10月8日(木)~• スコア表示にはコンピューターグラフィックスを使用しており、野球の試合中は、一画面フル表示の演出を行うとき以外は3画面に分割して使用している。 また、球速表示も中央画面に表示している。

8