四 大 異物 リゼロ。 リゼロ(Re:ゼロ)/パックの正体って? 存在するだけで周囲一帯を永久凍土と化す、白毛の巨大クァール【実は父親?】

ツノを持っていた時はロズワールをも上回る戦闘力を持っており、魔女教徒を子供ながらに1人で相手取れるほどであった。 ザーレスティア 『通り魔』と呼ばれる。

4

しかし、この姿の時には 世界から強制的にマナを徴収するため、周りの世界から徐々に命が奪われていってしまうのです。 剣術にも長けており、その戦闘能力は高く、自ら先陣を切って戦う姿を見せる勇敢さも持つ。 死のループに背を向けたスバルと共に駆け落ちした未来を描いたIFストーリーにおいては、カララギで彼と結婚し、リゲルとスピカという名前の2人の子供を授かり、幸せな家庭を築いている。

9

全ての生命が生まれつき持っている魔力の核であり源。 ここぞという場面などにおいて最善手が頭に浮かぶことがあり、ルグニカ王族に稀に現れる、獅子王の血が色濃く出ていることが仄めかされていたが、他の王族達と同様の病にかかり、死亡する。

逃げ延びた先のカララギで、その疑い深い性格、死に戻りの力、元の世界の知識を用いて、スバルは ハリベル、 セシルスらを幹部に据えた、自らを絶対的な君主とする巨大な秘密結社を作り上げる。 2016年7月23日発売 、• そのために、死に戻りによりすべてやり直せることを利用し、仲間たちを自ら手にかけその「死者の書 」を閲覧することで、仲間たちの目からみた『ナツキ・スバル』を集め彼の人格を再現しようとする。

ベアトリスは禁書庫の守り人として、襟ドナはエキドナの実験の産物として、パックは何らかの理由で姿を隠す必要があった人物のための体として作られた精霊です。

1

しかし彼自身としては、周囲の憎悪を自身に集めてまでエミリアをかばったスバル自身への評価は高く、白鯨退治に成功した際にはお世辞無しでスバルを称賛している。 ん~、アルの動きがすごーく気になるところなので、これについては別記事にて、さらに深く考察してみようと思います。 白鯨討伐後、王国への帰還途中に魔女教大罪司教のレグルス、バテンカイトスの襲撃を受け、記憶を喰われてしまう。

彼は手始めに、シャウラを味方につけ、塔にいた仲間たちを殺害するが、襟ドナのみは逃げ出すことに成功する。 炎に包まれる王都でエミリアと再会したスバルは、傲慢の大罪司教を名乗ったのち彼女に殺される。

20

棺桶のようなものの中に入れられて、拘束具に全身をがんじがらめにされた上に、その両目を固く固く黒の目隠しで封じられているのである。

17