絵本 で めぐる 生命 の 旅。 2019年12月17日(火)〜2020年3月1日(日)まで国立科学博物館で開催!企画展「絵本でめぐる生命の旅」

ダーウィンの「種の起源」はじめての進化論(作・絵:サビーナ・ラデヴァ)• 不思議なかたちを楽しみながら、放散虫の研究について 紹介します。 どなたでもご参加いただけます。 もっと知りたい人のために… 科博が行っている調査・研究や、関連する常設展示を紹介するコーナーもある。

楽しいイラストの絵本、化石やはく製などの目を引く展示と共に、子どもにもわかりやすい大きなひらがなで解説が書いてあったりするから、勉強としてではなく、子どもが自然に生命について関心を持つきっかけにもなりそうだ。

ここは、動物の標本や恐竜の骨格標本などの「本物」と間近で接しながら、親子が自由に過ごせる場所です。 日本語以外の言語の絵本もご用意しています。

本展をきっかけに、それぞれの興味を深めてもらえたらうれしいですね」 38億年前から続く壮大な生命の物語。

7

「絵本コーナー」では、展示に使用されている絵本を読むことができる• 一回の利用は45分間で、定員は各回60名まで。 「遠いところ」や、「はるかな時」のことを考えるのは、「いま」とか「ここ」とか「じぶん」とか、そういうものを知りたいからだと思ってきました。

16

自然や科学を題材にした絵本と、化石やはく製など自然科学の標本をあわせて展示しながら、生命進化の歴史を紹介するユニークな展覧会。

新しい絵本との出会いがあるかも! 生命の進化や自然科学に関係する絵本を100冊以上集めた読書コーナーを設けます。 「博物館ではふだん、標本一点一点を詳しく解説することに力を注いでしまいがちで、進化という『時間の流れ』を来場者の方に意識してもらうことが難しい。

17

ナマケモノの骨格ってこうなってるのか! 2020年3月1日まで東京上野にある国立科学博物館でおもしろい展示 「絵本でめぐる生命の旅」が開催されました。 常設展のチケットを購入すれば、そのまま入場出来るよ! 一般・大学生…630円(団体510円) 高校生以下・65歳以上…無料 混雑具合は? 平日の午前中に行きましたが、外国人観光客や修学旅行生が多く、そこそこに混んでいました。

4

魚類から私たちヒトへとつながる約5億年間の進化の過程。

2