小林 よしのり ブログ。 妄想共同体に嵌ったら抜けられない

これからわしは「真正リベラル」と名乗ろうかな。 これを食い止める政治家が必要だ。

10

以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。

19

2016年には、男子65636人、女子53664人が肺炎で亡くなっている。 そりゃアメリカ人だってイヤですよ、日本人のために無人の尖閣諸島を護って死んでいかなきゃならないなんて。 はからずも泣き寝入りケースが多すぎるレイプ被害者のために描くことになるが、フェミニズム運動の応援でもないし、女性を味方にしようという下心もないし、ただ男の立場から、レイプというものを真剣に捉えなおしてみる作品を描いていこうと思う。

11

そして小林氏は、著作の中で「一次資料の確認が重要」と再三述べられている。 わしは以前、自民党の勉強会、自民党の中にもリベラルな議員がいるんですが、その勉強会に呼ばれました。

わしは表現者なので、言論・表現の自由を行使して、権力と戦いつつ、「公」のために描く! それだけである。 おそらく、メディアが不安を凄く煽るので、自粛を推進するのはもっともだけど、国民を経済的な困難に陥れているメディアに対する批判なのでしょう。 だが物を言わない市民が、あるとき、物を言う市民に変わることがある。

20

小林を許してはならない理由 理由1 小林にはネトウヨの製造物責任がある その理由はまず第一に、でも述べたとおり、小林にはネトウヨや在特会のような悪質な反動層を生み出した製造物責任があるからだ。

わしは今も『戦争論』の中で描いたことは何ひとつ間違っていないと思っている。 — 外教 yuantianlaoshi 小林よしのりが「共謀罪」に反対したことを否定するつもりはないし、これからもそれでやっていくならいいんじゃねと思うけど、「一緒に運動」できるかと言ったらそりゃ無理でしょ。 ただし、わしの執筆で一番気をつけなければならないのは、 伊藤詩織氏を傷つけないこと! PTSDの症状が再発しないように、描き方に気を付ける。

自分の意見に従わない者を全体主義と見做しては冷笑する小林よしのりこそが、むしろ「自前の全体主義に失敗して拗ねる、的外れな人」でしかないんだよ。 もちろん権力に近いジャーナリストなら、警察も逮捕しない。 小林の認識が変わろうとも、小林の慰安婦言説がネトウヨ発生の起源の一つなのは間違いない。

13