トラブル シューティング。 Windows10の「トラブルシューティング」機能を使って修復する

そのまま待ちます。 メール本文に貼られているハイパーリンク(ホームページのアドレス)をクリックしても反応がありません。

17

通常の Windows の操作には重要ではないが、エクスペリエンスに影響を与える可能性があるその他の問題についてもトラブルシューティングを行うことをお勧めします。 「Internet Explorerの安全性」に関する項目をスキャンします。

7

トラブルシューティングを利用する際にはパソコンの動作状況もよく確認してみましょう。 問題の発生場所を特定する場合は、以下の考え方が役に立ちます。 特定の一連のイベントが発生場合のみ問題は発生しているのか?• 「プログラムの互換性設定をテストします」画面が表示されます。

従って、問題の発生場所を調査するときはネットワーク、ディスク、ドライバーをはじめとして多くのシステムやツールとその関連性を考慮する必要があるのです。 トラブルシューティングが確立していない環境では、現代ビジネスにおいて厳しい戦いを強いられることは、すでに多くのCIOや情報システム役員が理解しているところです。 次の視点で、問題が再現可能かどうかを検討しましょう。

15

パソコン起動時におけるトラブルシューティング パソコン起動時にパソコンが正常に起動できなかった場合は、Windowsの機能により自動修復が開始され再起動されます。 そのため、その問題は再現できるものか?を考えることも大切です。

20

音声認識 音声認識を妨げる可能性の問題 マイクの接続が必要 「トラブルシューティングツール」の実行画面を開く 「トラブルシューティングツール」は、更新とセキュリティ の設定画面から開きます。 基本および完全。

8

オーディオの録音 マイクや録音に関する問題• 単純な問題ならば電話口でエンドユーザーに指示を出して解決する場合もありますし、複雑な問題ならシステムパフォーマンスをチェックしてから原因究明と問題解決を実行します。

13

現在の環境および構成はサポートされているか?• 医療業界には「ひづめの音が聞こえたら、シマウマではなくまず馬を探せ」という格言があります。

18