偕 楽園。 偕楽園

是れ其の習ひは則ち相遠き者なり。 1873年 明治6年 、常磐神社 光圀・斉昭を祀る の境内に一部を充てたので、現在の面積は11万平方メートル、東側が梅林、西が老杉木・竹林になっています。

17

茨城県『史跡名勝常磐公園内好文亭及び庭園復元工事報告書』茨城県、1961年、1-8頁。

余嘗て吾が藩に就き、山川を跋渉 (ばっしょう) し、原野を周視するに、城西に直 (あた) りて 闓豁 (かいかつ) の地有り。 唯意の適する所に從ひて弛張せば、乃ち其の宜しきを得ん。

5

JR常磐線(臨時駅。 都市公園の設置及び管理条例により創園時の名称に復す 1958年 昭和33年 3月31日 好文亭復元工事竣工、偕楽園事務所設置。

11

「苟(いやしく)も……弛張せば、」の読みに関しては、なお、検討してみます。 14 名残の紅葉と着付け体験会、梅剪定、十月桜と二季咲桜の様子です。 」 と読むべきでは ないかと思うのですが、いかがでしょうか。

14

また、炭酸水素イオンが多く含まれていますので、入浴後はさっぱり感が味わえ、肌にやさしい貴重な天然温泉です。 是 (ここ) を以て屈伸緩急相待ちて其の性命を全うする者は、夫 (か) の万物と何を以て異ならんや。 ぜひいろいろな時間帯に入浴してみてください。

10