ロボトミーコーポレーション 引き継ぎ。 セーブデータのバックアップ方法【Lobotomy Corporation】

このブログは「6人目のサメの餌」が個人で調べた「Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)」の攻略情報&動画や イラストなどの二次創作を載せているブログです。

14

Bは「諸事情により素性を明かせないが、ロボトミー社に詳しい人物である」と名乗り、Xが知りえないであろう真実を伝えると告げるが、そこで途切れてしまう。

19

このブログは非公式であり、 公式とは一切関係ありません。 貼った画像を見てもらうが、左上に赤いゲージのようなものがある。

しかし、(昭和50年)に「精神外科を否定する決議」がで可決され、それ以降は行われていない。

by Greyve, JakdragonX• 「scp財団」からインスピレーションを得たという、超常現象・異形・ゴア表現なんでもござれの世界にぜひ飛び込んでみてほしい。

5

ホクマーが管轄するこの記録部門には、これまでXが無限にやり直したすべての記録が残っている。 彼もまた、46日目の彼やアベルと同じようにこれまでのXの選択の結末の一つであると名乗る。 職員が亡くなった際装備していた、などといった場合でないなら、装備やアブノーマリティの情報は引き継ぐことも可能です。

その中にはアブノーマリティへの作業をAIを搭載したロボットにやらせるというものもあった。 カルメンは、「技術が行き着くところまで行き着いてしまったこの世界の人間は、かつてあった人間らしさや精神性を失った」「世界は病に包まれている」と考え、それを解決するための手段を探していた。 そういった場合は、1日をやり直すことも可能です。

16

レガシー版にはE. コギトを井戸に対する釣瓶のようなものとたとえ、「すべての人々に釣瓶(コギト)を渡せば、自分だけの水を組み上げられる」と考えたカルメンはコギトを用いてコギト実験を行った。