元 号 西暦。 元号から西暦の早見表(飛鳥時代から奈良時代編)

その後、数代を経て氏はオモイカネ系統の尚氏()と交替した。 元号ははもとより言うを俟たず、、、、(ベトナム)等の、その、、人臣の、等及び、の名称等と重複せざるものなるべきこと。 しょうおう 弘安11年4月28日 (1288年5月29日) 正応6年8月5日 (9月6日) 6年 伏見天皇践祚による改元。

17

けんぽう 建暦3年12月6日 (1214年1月18日) 建保7年 (5月27日) 7年 地震による改元と見られている。 さらに、同社が発行する版日刊紙『』は西暦を主に使用するなど、新聞によって方針が異なっている。 元号は2字で表される場合が多く、まれに3字、4字、6字の組み合わせを採ることもあった。

14

『日本の年号 揺れ動く<元号>問題の原点』、• おうほう 永暦2年9月4日 (1161年9月24日) 応保3年 (5月4日) 3年 疱瘡の流行による改元。 (938年 - )• 愛知県政策企画局企画課 2015年4月23日. 834-848• なお、元号法制定にかかる国会審議で「元号法は、その使用を国民に義務付けるものではない」との政府答弁があり 、法制定後、多くので国民に元号の使用を強制しないよう注意を喚起する通達が出されている。 - (2020年(令和2年)11月29日). てんのう えんりゃく 天応2年8月19日 (782年9月30日) 延暦25年 () 25年 桓武天皇践祚による改元。

9

(357年-)• (-)• (938年-)• (-)• かほう 寛治8年12月15日 (1095年1月23日) 嘉保3年 () 3年 疱瘡の流行による改元。

4

1126-1131• なお、即位改元は以後から前半期の数例(など)を除いて確実に実施されている。 だいほう けいうん 大宝4年5月10日 (704年6月16日) 慶雲5年 () 5年 西楼上に慶雲を見た祥瑞による改元。

1131-1132• 1324-1326• 1950年(昭和25年)6月にが勃発すると、元号の議題は棚上げされた。 1017-1021• 建武3年(1336年)には「延元」に改元した。

12

さらに、()には、に合わせて()へと移行することになり、「 ()に代わるとして永久にこれを採用する」とのにより採用された (詳細は「」を参照)。 行事食の索引も便利。 1053-1058• この政令は、公布の日の翌日から施行する。

2018年12月22日. しょうちゅう 元亨4年12月9日 (1324年12月25日) 正中3年4月26日 (5月28日) 3年 甲子革令による改元。

3

(-)• (-)• あんな 康保5年8月13日 (968年9月8日) 安和3年 (5月3日) 3年 冷泉天皇践祚による改元。 かんぎ 安貞3年3月5日 (1229年3月31日) 寛喜4年 (4月23日) 4年 、による改元。 (947年)• 1145-1151• 元号法下 [ ] (昭和54年)に成立、施行されたに基づく改元は次のとおり。

12