林 真須美 死亡。 【冤罪説】和歌山カレー事件 林真須美は本当に真犯人なのか?

保険金詐欺をしていた当時、5億円もの大金が金庫の中に入っていたといいます。

3

『中日新聞』2017年4月3日夕刊第二社会面10面「林死刑囚が即時抗告」• 子ども時代の彼女を知る人々は、 「明るい子」だったと語っています。

2

裁判で林の犯行と断定される上での唯一の物証で決定的な証拠となっていた亜ヒ酸の鑑定において、犯行に使われたとみられる現場付近で見つかった紙コップに付着していたヒ素(亜ヒ酸)と、林邸の台所のプラスチック容器についていたヒ素、カレーに混入されたヒ素が教授のによる鑑定の結果、組成が同一とされた。 現在、母は再審を求め最高裁に特別抗告中だ。 「おとなしいけどキレると怖いタイプ」です。

林真須美の旦那の現在は? 事件があったのは1998年ですから、シロアリ駆除に使われたヒ素入りの薬剤は流通していません。

11

そして、看護学校2年生になった19歳の頃、林真須美被告は現在の夫となる男性と巡り会います。 テストの点数が悪いと負けず嫌いなので悔しくてたまらなかった模様。 林真須美以上にキレやすい性格。

上告審 [ ] 2009年4月21日に最高裁第三小法廷(裁判長)は「鑑定結果や状況証拠から、被告が犯人であることは証明された」と述べ、林側の上告を棄却する判決を言い渡した。 死亡した4人は、小学4年生の男子児童、高校1年生の女子校生、園部地区の自治会の会長と副会長の4人でした。

14

しかし、2017年3月29日に和歌山地裁は林真須美の再審請求を認めない決定を出した。

15

ただ、最高裁で棄却されているので、すぐに覆ることはないでしょう。 しかし、 林真須美死刑囚が着ていたのは黒のTシャツ。 母の死刑が執行されれば、事件当時のようにマスコミが殺到してくるかもしれない。

19

そして彼女は、事件から20年経った今でも無実を訴え続けている。 その後は買い物に出かけている。 1) 砒素を入れたのが林被告だとして、動機は何だとされているのですか? 動機は公式には「不明」です。