宇津宮 雅代。 危険な関係(1978) : 作品情報

宇津宮 雅代(うつのみや まさよ、1948年3月6日 -)は、日本の女優。 (1979年、東映) - 佐伯高子 役• それゆえ、宇津宮雅代は1990年に三浦洋一との別居を決意します。

3

水谷高子 -• 胸を病む姉美代を抱えた吉本家には綾を進学させる余裕はなかったが、綾の熱意にほだされて、母の敬が内職をすることでなんとか遣り繰りをしていた。 その娘とは、西岡徳馬の次女である西岡優妃(ゆうき)。

20

必殺仕業人「第23話 あんたこの女の性をどう思う」(1976年)の宇津宮雅代。 やがて恩師野口の紹介で見合いをした相馬隆蔵と結婚することになる。

18

文学座の大先輩である杉村春子から演技が下手だと言われたこともあったようです。 付属演劇研究所第8期生を経て、文学座に入団する。

20

脚本:• DVを受けて死に至るという最悪なケースもあります。 中田松代 -• 宇津宮雅代は、結婚するまで三浦洋一がDV男だということに気が付かなかったのでしょうか。 吉本綾 -• 英夫 -• 加代 -• 『池中玄太80キロ』には、西田敏行や杉田かおるなど様々な大物芸能人が出演しています。

16

「大岡越前(第2部)」の「第1話 紫の女」(1971年)の宇津宮雅代。 (テレビ東京)• また、1988年からは『さすらい刑事旅情編』に出演し、ドラマの中でも重要人物である香取達男役を7年間に渡り演じました。

2

(1975年、) - 靖子 役• 今まで刑事役やヤクザ役などシリアスなシーンを演じることが多く、怖いイメージがあった西岡徳馬ですが「絶対に笑ってはいけないシリーズ」では、ひょうきんな一面も見せています。 西岡花穂梨は西岡徳馬と宇津宮雅代の娘と思われていることが多いようですが、西岡徳馬と再婚相手の間に産まれた娘です。 プライベートでは2回の結婚を経験し、子供も一人いる宇津宮雅代ですが、2010年に公開された映画以降は女優としての活動を行っておらず、現在どうしているのかという情報も一切ありませんでした。

3

三浦洋一が歌手として活動していた音楽のジャンルはロックで、レコードもリリースしています。 「孤独な果実」(2000年)• 里子 -• 杉森 -• しかし、西岡徳馬主宰の「レッドホースヒルズ」は、俳優や芸能人の多くも賛同している上、アットホームな授業で、芸の道に進みたいと真剣に思っている老若男女に開かれた教室となっています。

3

第18話「女泥棒の恋」(1972年2月1日)• しかし、雄二が良子の後を追って、再び山荘へ向ったことを知った綾子は、百合子の母・雅枝に、雄二と百合子は不倫な関係にあると嘘をつく。 女学生生活を謳歌する綾は親友静子の兄朔に片想いするが、学校の方針に不満を抱く上級生に感化されて一緒に建白書を提出、大騒動の末自主退学を余儀なくされる。 芸能界に入ることは、普通ならば、もっと道のりが遠いものです。

1