フェブリク 錠 20mg。 フェブリク錠10mg/フェブリク錠20mg/フェブリク錠40mg

このような「キサンチンやアロプリノールのような構造式」を専門用語で プリン骨格と呼びます。 2ヵ月では6~9倍、3ヵ月で3~8倍、4~6ヵ月でも3~5倍に死亡率がハネ上がることがわかったという。 社内報告:がん原性(マウス、ラット).2010.(2011年1月21日承認、CTD2. ・腎機能障害でも使える。

3

【用法】通常、成人はフェブキソスタットとして1日10mgより開始し、1日1回経口服用(治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風発作が誘発されることがある)。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 (用法及び用量に関連する注意)7. , 46 8 , 855-66, 2006• メルカプトプリン水和物投与中• 〈がん化学療法に伴う高尿酸血症〉• ・投与開始時に、段階的に用量を増量しなければならない点を面倒だと感じる患者さんが多いようだ。

8

高尿酸血症の患者にとって、激痛を伴う痛風発作は恐怖そのもの。 1 尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎(痛風発作)が誘発されることがあるので、本剤の投与は10mg1日1回から開始し、投与開始から2週間以降に20mg1日1回、投与開始から6週間以降に40mg1日1回投与とするなど、徐々に増量すること。

17

投与開始後16週時(各群の維持用量まで用量を段階的に増量した期間を含む)に、血清尿酸値が6. おわりに フェブリクには優れた尿酸降下作用があり、服用回数も1日1回で良くとても使いやすい薬です。

心血管死増加の報告があるが、日本人はまだデータがないと思う。

1.1. 〈効能共通〉海外で実施された心血管疾患を有する痛風患者を対象とした二重盲検非劣性試験において、主要評価項目(心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、不安定狭心症に対する緊急血行再建術の複合エンドポイント)についてはアロプリノール群に対しフェブキソスタット群で非劣性が示されたものの、副次評価項目のうち心血管死の発現割合はフェブキソスタット群及びアロプリノール群でそれぞれ4. 1. 〈痛風、高尿酸血症〉本剤の適用にあたっては、最新の治療指針等を参考に、薬物治療が必要とされる患者を対象とすること。 4%(199/3,092例)でありフェブキソスタット群で高かった(ハザード比[95%信頼区間]:1. そのほかは少ないですが、人によっては下痢を起こしたり、体にだるさを感じるかもしれません。

11

(30歳代病院勤務医、循環器内科)• 10mg開始ではダメでしょうか?」な感じで疑義入れときましょう。