フラノ クマリン 類。 グレープフルーツだけじゃない!薬に影響がある果物と野菜は

) ルパタジンフマル酸(本剤の血中濃度が上昇したとの報告がある。 3 Clin pharmacol Ther. 67 3 :201-14, 2000 PMID: 4 ランデル錠 インタビューフォーム 5 Br J Clin Pharmacol. 5液量オンス。

1

) ナルフラフィン(本剤の血漿中濃度が上昇する可能性がある。 炎症の減少:アテローム性動脈硬化症は、現在では炎症性疾患として認識されており、炎症に関するいくつかの測定値が心筋梗塞(心臓発作)のリスク増加と関連している。

2

「医療現場における薬物相互作用へのかかわり方ガイド」日本医療薬学会(2019年11月)p. Flavonoids as peroxynitrite scavengers: the role of the hydroxyl groups. そもそも、カルシウム拮抗薬にグレープフルーツが駄目な理由は? 薬剤師なら知っている話ですが、前提条件として説明します。 つまり、 グレープフルーツに限らず「フラノクマリン」が含まれる柑橘系では、同じ相互作用が起こる恐れがある、ということです。

Joseph JA, Denisova NA, Arendash G, et al. 2006;45 2 :334-335; author reply 335-336. エホニジピンとベラパミルは製薬会社の資料を基に加筆。

薬を処方してもらう時に説明されることが多いですが、もしグレープフルーツやせり科の野菜が好きなようであれば、自分が服用している薬は大丈夫なのか一度医師や薬剤師に聞くようにしましょう。 血小板凝集の減少:血小板凝集は冠状動脈や大脳動脈を詰まらせることもある血餅の形成における第一段階の一つであり、それぞれ心筋梗塞や脳卒中に至る。 Consumption of flavonoid-rich foods and increased plasma antioxidant capacity in humans: cause, consequence, or epiphenomenon? 前述した3剤以外は、GFJとの併用について触れられている薬剤とそうでないものがあるが、「摂取してもいいが十分注意しておくこと」程度に留めてもいいと思う。

3

すべての薬との飲み合わせが悪いわけではない グレープフルーツと薬の相性が悪いとなると、すべての薬との相性も悪いように感じてしまいますよね。 Effect of soy protein containing isoflavones on cognitive function, bone mineral density, and plasma lipids in postmenopausal women: a randomized controlled trial. フラボノイドの吸収が限られることや急速に排出されることから、一般にフラボノイドの生物学的利用能は比較的低い。

16

(おまけ)免疫抑制剤以外で、グレープフルーツとの相互作用を起こす可能性のある医薬品は? 免疫抑制剤とグレープフルーツの相互作用は、薬物代謝酵素のCYP3A4を阻害することで起こりますので、CYP3A4で代謝される他の薬剤でも同様の相互作用が起こる可能性があります。 薬物相互作用 グレープフルーツジュースとフラボノイドによるCYP3A4 の阻害 たった200ml(7液量オンス)のグレープフルーツジュースでも、腸の薬物代謝酵素であるシトクロムP450(CYP)3A4を不可逆的に阻害することがわかっている。

そのため「グレープフルーツジュース」に限らず、「フラノクマリン」が豊富に含まれている柑橘系では「Ca拮抗薬」との相互作用が報告されているものがあります2。

11