フレンチ ブルドック。 フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

出身地 : フランス• 飼育特性 [ ]• 原因は先天性と後天性に分かれ、後天性では損傷や脳腫瘍などで起きます。

11

重症になる前に眼に異常が見られた際はすぐに動物病院を受診しましょう。

一般にいう「ボストンカラー」と呼ばれる色で、タキシードを着ているように見えることからそう呼ばれています。 フレブルパークでは運命の子犬を探している方に、そして大切に可愛がってくれる方に、ブリーダーさんの愛情がこもったフレンチブルドックの子犬を直接ご紹介します。 プリントの上でどっかりスヤスヤ… 机の上にはプリントが。

12

比較的のんびりした性格の子が多く、走り回るといったこともあまりありません。 一方、フレンチブルドッグは大きく分けると「クリーム(白)」「ブリンドル(黒)」「パイド(黒白)」「フォーン(茶色)」の 4種類が存在します。

16

先ほど説明したブルベイティング禁止の流れを汲 く み、攻撃的な性格を修正するべくして、主にパグやテリア犬などと交配されました。

また、肥満はヘルニアの確率をぐっと高めてしまいます。

6

また、警戒心から番犬としての役目を果たし、侵入者に吠えて家族に知らせることがあります。 パッと見、非常によく似ているフレンチブルドッグとボストンテリアですが、実は見た目にも違いがありますし、性格や生まれた場所も異なっています。 治療は悪性度が低く転移がみられないときは手術によって腫瘍を摘出します。

10