Word 目次 作り方。 目次の作成と更新

目次はバックスペースやデリートでも削除できますが、目次内容を1文字ずつ消していくため、「目次の削除」から一回で消す方が効率がよいでしょう。 目次の作成と更新 「目次作成」機能を使って目次を作成しておくと、編集がとても楽になります。 目次に関しては「」も参照してください。

このように、ページ番号だけではなく、アウトラインレベルを変更した場合も反映されます。 目次生成のためには、先程定義したアウトラインを見出しとして設定する必要があります。 いかがでしたか? これまで手作業で目次を作っていた方や、「手間がかかりそう. 1.まずは見出しを作る 文書に目次を作成する前に、あらかじめ目次にしたい見出しの設定が必要です。

10

代わりに、プレースホルダー テキストを使用して目次の外観が作成されるため、各項目を目次に手動で入力できます。 「 参考資料」タブの「 目次」をクリックすると表示されるダイアログボックスで、文書に挿入される目次のイメージを確認しながら、スタイルを変更して挿入できます。

ナビゲーションウィンドウでは、 本文と同時に文書全体の階層構造を表示させることができるので、選択したレベルの文書を表示することや、レベル単位での文書の入れ替えなどが可能となります。 ページ番号の修正方法 この時点で、目次が1ページ目なのでページ番号の開始は1ではなく2に修正します。

14

「序論」で問題意識・課題設定、方法、先行研究の整理などを簡潔にまとめ、序論で設定した課題を「本論」で議論し、「結論」にてまとめます。 [目次]タブの「アウトライン レベル」の数値を増減することで、目次に表示されるレベルが変更されます。

20

目次を作ろう! 目次を作るための準備が整いました。 章立ての構成や章のタイトルが途中で変わっても、打ち直すことなく更新することが出来ます。

5