マロリー ワイス。 マロリー・ワイス症候群の疾患・症状情報|医療情報データベース【今日の臨床サポート】

基本的な治療方針• また傷が大きい場合は、内視鏡検査でクリップで止血をします。 発症の危険因子は飲酒であり、合併症は入院時Ht(ヘマトクリット)の低値と初回内視鏡時の活動性出血を示す症例に多い(推奨度2)。 嘔吐物の力が食道を引き裂き、食道を出血させます。

2

出血部の傷が深い場合は、入院の上で数日間食事を止めて、点滴を行い食道粘膜が治るのを待ちます。 マロリー・ワイス症候群の原因 マロリー・ワイス症候群の原因は、どの様な原因があるのでしょうか? 出血のメカニズム マロリー・ワイス症候群の原因で、最も多いのがアルコールです。

13

医原性に内視鏡検査治療後に生じることもある。 何故激しい嘔吐を繰り返すと、マロリー・ワイス症候群になるのかと言いますと、おう吐を繰り返すことで、急激に上昇する腹腔内圧が、食道に加わることになります。 食道に圧が加わることで、食道の胃のつなぎ目付近の、粘膜に裂創が起こります。

マロリーワイス症候群の原因は何ですか? 激しい嘔吐、咳、嘔吐、さらには嘔吐は、マロリーワイス症候群を引き起こします。

7

内視鏡検査では、どこから出血しているか、潰瘍の深さ、大きさ、出血がどのような形態か、すなわち動脈性か、じわじわとした出血か、すでに止まっているかなどを観察します。

嘔吐を繰り返すことで腹圧が上がり、食道下部から胃の入り口付近にかけての粘膜に強い圧力がかかることが原因です。 次に出てきた血液の状態を確認しましょう。 しかし、消化管出血が怖いからと言ってこれらの薬を勝手に自己中断してはいけません。

16

舌を噛んで血が出た場合や鼻血を飲み込んで口から血が出た場合などは吐血には含めません。

5

出血している場所をクリップでつまむ方法や、血管を電気で焼き焦がすことで止血する方法がある• マロリー・ワイス症候群の予防の其の他 またベルトやガードルなどや帯などで、お腹を強く締め付けない様にすることも大切です。