アルゲン テイム。 【アーク】中盤最強飛行生物「アルゲンタヴィス」が便利すぎる【ARK攻略】

すると、アルゲンタヴィスのインベントリを開くと、 このようなメニューが現れます。 小回りも微妙に効かないなど、欠点もあるが、使いこなすと強い生物なのでうまく使っていきたい。 飛んで小屋の上方から侵入して攻撃し、ペンギンたちを一網打尽にします。

5

オスメスという識別が無く、卵や子供を産ませる事ができない。 アルゲンやティラノなど、気絶からの回復が比較的遅い生物は、 エサをいきなり入れずに、麻酔薬などで気絶させて、あえて空腹にして、 霜降り肉などの良質なエサを一気に入れる、という作戦 (いわゆる「空腹テイム」)も有効です。

10

また、画像のようにマンモスなどの 中~大型動物もつかんで飛ぶことができるため素材だけでなく、動物の運搬も可能です したい大型動物をケツァルに掴ませれば捕獲施設まで運んで放り込むこともできます さらにケツァルコアトルスは飛行動物の中でも唯一 プラットフォームサドルを装備でき、文字通り空飛ぶとしても使える万能な奴です 移動速度もとは比較にならないほど速いのでより広範囲で活用することができます ただしプラットフォーム自体はそれほど広くはないためした動物を乗せたり作業台を取り付けて簡易的なとして使いましょう. 動物の運搬 以前から小~中型の恐竜を脚で掴んで運ぶことができましたが、アップデートにより更に口で咥えて運ぶこともできるようになりました。

11

もはやおススメとかではなく 必要です。

16

もちろん大型の生物は掴むことができませんが、アルゲンタヴィスよりも小さい生き物はほとんどつかめます。 ステータスを重量値に振っておけば、かなりの資源を持ち帰ることができます。 効率が良いものから自動で食べてくれます。

12

厳選するなら、迷わずラグナロクでしょう。

PS4版では L2ボタンで掴むことができ、再度 L2ボタンを押すことで敵を降ろすことができます。 ただ何が大変かって、気絶値が上がり始めると全力で飛んで逃げだします。

7