ラクロス 女子 日本 代表。 山田幸代

これまではナショナルチーム男女、19歳以下男女の世界大会が開催されない年には代表チームも稼働せず、空白の期間が生まれていた。 2011 年~現在 毎年 3 月 山田幸代と行くオーストラリアツアー開催@Adelaide• 同年、日本代表としてもに出場。

5

2016年 オーストラリアリーグの強豪「Caulfield(本拠地:メルボルン)」に加入、全豪選手権優勝、オーストラリア代表18名に選出• 未来の作り方()• 大学卒業後のには大手通信会社に入社。

5

5~14@オーストラリア・パース) 2002年度・男子21歳以下日本代 表 豪州・インターナショナルオープントーナメント 5位 (2002. 現役時代、12人制で19歳以下日本代表で、世界大会を経験している宮沢明日香アシスタントコーチも、その点を強調していた。 5@アメリカ・ボルチモア) *男女共催 第3回IFWLA女子19歳以下世界大会 5位 (2003. 21~27@中国・北京) 第23回ラクロス国際親善試合 出場 (2012. 16~21@韓国・水原市) 第4回APLUアジアパシフィック大会(ASPAC) 女子1位 (2009. 4~11@オーストラリア・パース) 第4回ILF男子19歳以下世界大会 6位 (1999. 女子DSの井川裕之ヘッドコーチは、国際親善試合、強化合宿の成果を実感している。

戦績 バスケットボール [ ]• 2008年 3~9月 オーストラリアリーグの強豪「Wilderness」に加入、リーグ戦2位(プレーオフ進出)、MOM(マンオブザマッチ)を2度受賞• 2005年 ワールドカップ日本代表 5位入賞、クラブチーム「FUSION」に設立メンバーとして加入。 2013年 滋賀県近江八幡市 平和堂 トークショー• 4月7日、DS強化練習での、世代で分けたヤングチーム 対 シニアチームとの紅白戦は白熱した。

Text by ライター 杉園昌之 Photo by 日本ラクロス協会 広報部. Global Athlete()• 2014年 京都府亀岡市立つつじが丘小学校講演• 5位入賞に貢献する。 2014年 全日本クラブ選手権「NLC SCHERZO」 優勝 海外• これからも、女子ラクロスU19日本代表の活動を日本中の皆様にいろいろな形でサポート、応援いただければとおもいます。

17

2008 年~2015 年 オーストラリア Wilderness Lacrosse Club U13 コーチ開始• 井川ヘッドコーチはアメリカ、カナダ、オーストラリア、イングランドの牙城を崩し、歴史を変える選手たちを輩出することを誓う。 2011年 講演• 7~14@イギリス・ハイ・ワイクーム) 第2回IFWLA女子19歳以下世界大会 6位 (1999. 17~24@韓国・西帰浦市(済州島)) 2017年度・女子22歳以下日本代表 第8回APLUアジアパシフィック選手権大会 女子優勝 (2017. 今回はアシスタントコーチとして代表チームサポートする小西さんをご紹介します。

18