今日 の 月 大きい。 【Excel】今日って何日だっけ?エクセルでカレンダーを見ずに今日の日付を入力するテクニック

渦巻き銀河を真上から見た状態の美しい銀河で,その見事な渦巻きから「回転花火銀河」と呼ばれています。

9

冥王星 冥王星が、惑星から、はずされてしまった件については、をごらんください。 カシオペヤの5つの星を、A,B,C,D,E として、AB と DE を伸ばした交点から C 方向に、約5倍延ばしたところに、北極星が見つかります。 十三夜(後の月) 旧暦9月13日の、少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です。

16

月が見えない時期のため、昔は三日月から逆に遡って、朔の日付を求めた。 したがって、夏の星座を冬見る事も可能なのです。

13

ISSがどこを飛行しているのかを マップ上で示してくれます。 4等) 主な二重星(重星、連星) (というか、みつけやすい重星 あるいは好きな重星?笑) ミザールとアルコル (多重星 おおぐま座) 北斗七星の柄の先から2番目の星・ミザールは目の良い人ならすぐそばに4等星がくっついているのがわかります。

13

春はおとめ座銀河団など銀河の宝庫で、望遠鏡を流して見るのが楽しみですが、そんな中にあって、異彩を放っているのがM3の球状星団です。 冬のダイヤモンド (星のならび) 上記の、冬の一等星6こをつなぐとダイヤモンド形になるので、『冬のダイヤモンド』 などと呼ばれています。

3

昼間の方が月と太陽の距離が近いことも見えずらくなる原因です。 ただ90年代に比べると離れているので、シーイングや条件さえ良ければ、10cmの屈折望遠鏡で十分に見る事ができます。 空気の透明度が増すのでそうなるのです。

11

表示している写真は事前に用意したもので、現在の月を撮影しているものではありません。 望遠鏡で倍率を上げすぎると片方しか見えず、二重星団の良さがわかりません。

15

また、下記の地点リストから 地名を選択することも出来ます。

9