養育 期間 標準 報酬 月額 特例 申出 書。 すぐ申請!養育期間標準報酬月額特例にデメリット無し!

社会保険料の負担を軽くする手続きを、会社がやってくれていたようです。 そうすると、給料が減りますよね。

14

また、産前休業の時に提出する場合は「出生時の氏名」と「出産年月日」は子供が生まれていないため空欄で提出します。 したがって、第2子の産前産後休暇直前は短時間勤務で働いている訳なので、適用されるのはこの短時間勤務の状態の報酬月額(20万円)ということになります。 戸籍謄(抄)本または戸籍記載事項証明書 (申出者と子の身分関係および子の生年月日を証明できるもの) 2. でも、社会保険料が安くなるということで気になることが一つあります。

19

そして、この制度も、自分から会社に申し出をしないといけません。

15

提出日より90日以内に発行したもの 退職した場合は自分で提出 ただし、会社を辞めてから申請する場合は、自ら提出しに行く必要があります。

15

なので、産後休業に入ったら「出産日と産休の期間が確定しました」という届出が必要なのです。 が、半年ほど経過し、私は、またまた、ねんきんネットにアクセスしました。 会社から従業員へ伝える義務はない この制度はあくまで本人からの申請によって適用されるものです。

11

産休前とまったく同じ条件で働けているというのであれば問題はありませんが、産休・育休後であっても子どもの養育もあるため、これまで通りでの働き方ではなく、短時間労働・時短勤務などを余儀なくされるケースも少なくないでしょう。

17