奈落 の 花 ネタバレ。 奈落の花【5話】ネタバレ感想!『心傷』つばさがお菓子工場に勤める理由!|まんがMAP

つばさも、アイコのことを気にかけておく、と宣言した。

17

電話越しにジュリのすすり泣く声が聞こえ、 心配するつばさに投げやりな口調で 「バッサーの言ってた通りだった」と言い、 私はもうダメだと繰り返すジュリ。 シェアハウスのぬくもり ジュリが起きてくると、アイコとつばさはすぐに駆け寄った。

3

お客様とは一線を引いた対応が、男性からすれば「自分だけは特別」という優越感も満たされるでしょうし。 しかし翔輝は会ったこともない人吉の娘を心配しても本当に父親に会いたいかは分からないのではと話す。

それを聞いたアイコは、2人とも変わったね、と思うのだった。 オーナーはショートカットの快活そうな29歳の女性・橘アイコ。

12

。 自分が人吉を騙したら、本人だけでなく人吉の娘や家族の人生もダメにしてしまうのではないかと思ったジュリ。 「誰も自分を必要としないなら逆に利用できるやつは利用してやる」 もう負け組は嫌だと過去のことが自然と口から出た翔輝だが、それはジュリの過去とも重なる。

個人的に、つばさちゃんはネットを駆使した戦略が多かったので、64話で出てきた謎のSNSが絡んできて、もう少し翔輝君とジュリちゃんの関係を傍観すると思っていたのですが…。 路地裏は異様な雰囲気と、つばさの絶叫に包まれた。

2

一方、連絡がほぼ途絶えたているにもかかわらず、翔輝を彼氏だと疑わないつばさは、ジュリのSNSで翔輝とジュリが繋がっていると知り、疑心暗鬼に駆られる。 「ただ側にいてくれるだけでいい」 翔輝の態度からはそんな様子はなく、心から一緒にいたいという雰囲気が漂っていました。 つばさはジュリが本当に芸能事務所に所属しているのか を怪しみSNSで検索をかけると ジュリのプロフィールが嘘だらけである事を知ります。

ジュリは、つばさは今、店で自分を蹴落としてNO. 顔や名前を変えてもう二度と親に会わないつもりでいることだって考えられる。

11

野菜のスープの味が薄かったみたいで」 と言いました。 物語の冒頭にはこんな言葉があります。

7