セブン ドーナツ。 3年前ブームを起こした“コンビニドーナツ”は今…「一番売れているのは?」「もうレジ横にはいないの?」調べてみた! [えん食べ]

コンビニでコーヒーを購入する顧客は、必ずしも既存のコーヒー店の常連客とは限らない。 中学生の時から変わりません。

8

オールドファッションとチョコレートのタッグは、鉄板と言ってもいいほどの最強な組み合わせで、人々の心をギュっとつかんで離しません。 全般的に、甘さ控えめ•。 もちもちシュガー グレーズドがたっぷりかかっていて甘い! もちもちっとした食感は、手軽にコンビニで買えるなら十分なクオリティー。

20

セブンイレブンでも、コーヒーとセットで購入すれば割り引くというようなプロモーションを展開していますが、もう少し目立つような形でプロモーションを展開すれば、売上をさらに促進することができるはずです。 ミスドの米国本社から訴訟を起こされることはないのだろうかという疑問が湧くのだが、実はその可能性はゼロ。

12

かつてダンキンドーナツがライバルとして存在していた時期はあったものの、1998年に撤退しており、当時のミスドに強力なライバルはほぼ見当たらず。 ときを経て、今はパンコーナーで個包装タイプになって販売されています。

10

セブンイレブンは、なぜこのタイミングでセブンカフェドーナツの全面刷新を図ったのでしょうか? 実のところ、セブンカフェドーナツは当初の計画よりも売れなかったという背景があるのです。

17

これは好みの問題ですが、私は少し置いてから食べる方が好きかもしれません。 気になるカロリーは? さっ、390kcal! このタイプのドーナツは、ドーナツでありながらも軽い食感で重たくないのがいいんですよ。

15

ちょっと一息つきたいときやティータイムのときには、ぜひセブンイレブンのドーナツをおともにしてください。

19

リリースに載っていたのは、「チョコオールドファッション」「もちもちいちごリングドーナツ」「もっちリングドーナツ」など6種類だが、HP上には全部で11種類が掲載されていた。