こころ 夏目 漱石。 夏目漱石の生い立ちや名言 代表作『こころ』から見えてくる性格とは?

いよいよ危ないと家族が集まってきたとき、先生から手紙がきました。 共通hontoポイントは、提携書店である丸善、ジュンク堂、文教堂でも利用可能。

16

墓地で会った先生は歯切れが悪く、何か知られたくないことがあるようでした。 帝国大学文科大学(東京大学文学部)を卒業後、東京高等師範学校、松山中学、第五高等学校などの教師生活を経て、1900年イギリスに留学する。 自分のことを迷惑に思っているのかとも考えたが、どうやら、先生は自分自信のことを交流するに値しない人間であると感じているようである。

その上先生の態度はむしろ非社交的であった。 先生の宛ての手紙が残さていましたが、先生への恨み言などはなく、将来に望みがないから死ぬのだとだけ書かれていました。

19

相手は先生よりも低い 音 ( おん )なので、誰だか 判然 ( はっきり )しなかったが、どうも奥さんらしく感ぜられた。

それはかつて先生からも奥さん自身からも聞いて知っていた。

13

フランスの哲学者であるジャック・ラカンは、「人間の欲望は他者の欲望である」という有名な言葉を残しています。 連載開始からちょうど100年たった2014年4月20日に、『朝日新聞』上で再度連載が開始された。

19

実家に親類が集まり、父の容態がいよいよ危なくなってきたところへ、先生から分厚い手紙が届く。

17